グラフィックの勉強をしたり、業界で活躍中の先生に出版流通の仕組みについて直接指導していただけたりする。

Man hand holding a pen writing on the notebook, Vintage style.

わたしはかつて、物語を書く仕事をしたいと思いながら、一般企業に勤めていました。
30歳を迎え、くすぶり続けたまま一生を終えていいのかな? と思い、ライター養成学校や出版系の講座、クリエイター専門学校などの下見をはじめました。


そんなときに、絵本の学校と出会いました。

もともと物書きを目指していたこともあり、今でも作画は上級者とは言えませんが、絵本の学校を知って、自分が想像する物語のイメージを描き起こせたら素敵だとときめきました。
また、絵本制作を通してMacintoshの操作を勉強したり、出版流通の仕組みについて、業界で活躍中の先生に直接指導していただけたりする点が、他校とは大きな違いであり、魅力でした。

当初は1年でどれほど成長できるのかなという不安はありましたが、仲間と走りきることができた今は、「好きを仕事」にしています。

卒業後も先生に仕事の相談をしたり、案件を繋いで頂いたりしながら、ときどきお仕事をご一緒させてもらっています。

迷っているなら、まず見学や説明会に足を運んでみてください。
わたしは直感で「ここで勉強したい」と決めました。そしてその判断は間違っていなかったと、自信を持って言えます!

[ ライター I.I.さま(30代・一児の母)より頂いたメッセージ ]

*お仕事実績
・フォトエッセイの自著出版
・ビジネス系一般書籍のライティング
・女性向けWEBコラムライティング
・サブカルチャーWEBコラムライティング
その他多数